太陽光発電の弱点をカバーする蓄電池

最近、国道を走っていると太陽光発電をよく見かけるようになりました。
一般家庭の屋根の上に太陽光パネルが乗っているのはもちろん、ちょっとした空地にも太陽光パネルが並べられています。
こうやってどんどん太陽光での発電がポピュラーなものになれば、エネルギー問題も少しは良い方向に前進して行ってくれるのではないかと期待します。
ただ、太陽光発電にも弱点があることに気がついている方もいるでしょう。
それは、太陽が出ていないと発電することができないということです。
つまり、夜間にはどんなに頑張っても発電することはできません。
その弱点をカバーしてくれるのが蓄電池です。
蓄電池を使えば昼間発電した電気をためておくことができます。
昼間に精一杯発電した電気をためておき、夜間になったならそのためておいた電気を使えばいいのです。
これなら、太陽のない夜に発電することができないという弱点を、十分カバーすることができるということになります。
これから太陽光発電を導入したいとお考えなら、蓄電池も一緒に導入することを考えてみてはいかがでしょうか。
まだまだこういうシステムを導入しているご家庭は少ないようですが、同じような機能を持っている電気自動車をご存知の方は多いと思います。
電気自動車を蓄電に利用するのも良いと思いますが、専門の機器を使ったほうが良いのではないかと思っているのも事実です。
これだけ太陽光での発電を始める方が多くなったことで、もっと良いものが開発されるかもしれないと期待しています。

a-9-7
コメントa-9-7